彼の楽園から追われ、降りしきる雪のなか、永久の冬に絶望する二人。 それを見た天使が、慰めにひとひらの雪に息吹をかけ、それが地に落ちてsnowdropになった。 そしてそれは、春を告げる最初の兆しとなった。 この言い伝えから花言葉が『希望』、『慰め』、『告知』。 他にも『恋の最初のまなざし』、『恋の最初のためいき』。 まさに春のおとずれにふさわしい花言葉。 しかし、このsnowdrop、人に送った場合には花言葉が変わるんです。 『あなたの死を望む』 英国では「花の色が死装束を連想させる」ので、人に送ったりするのはタブーだそうです。 ひとつの花に、こんなに違う意味の花言葉。 自分で愛でるときには『希望』なのに、それを人に送ったら『あなたの死を望む』。 良い様に訳せば「あなたを越えることが私の希望」 お互いに切磋琢磨して上手くなりたい奴ら。 ちなみに直訳だと「snowdrop」は「雪のしずく」。 たしかにそんな感じの花ではあるんだけど、この場合の「drop」は「しずく」じゃなくて「eardrop」、つまり「耳飾り」。 だから「snowdrop」は「雪の耳飾り」。 いろんな意味があるけれど、この短く儚い、冬の季節をsnowboardで精一杯飾りを付けてる「雪の耳飾りたち」の集まりです。

snow & sk8 & surf
by snowdrops_report
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28